FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原価率研究所

こんにちわ!!

フラミンゴ・タカです!!

昨日、久しぶりに出勤した【せりな】さんに

『ね~~たか。竹ノ塚に200円のカレー屋さんができたの知ってる??』

ときかれたので、早速調べて見ました!!

なんと、税込み200円でした!!

店の名前がかわってて、『原価率研究所』

食べログ  http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132404/13191604/
E1454897143257_2044_3.jpg
E1454897143257_8ce8_2_s.jpgE1454897143257_633a_1_s.jpg

「200円カレー」が東京に上陸した。税込み価格200円という驚異的な安さ
でカレーライスを提供する店が新潟からやってきたのだ。
いくらデフレの時代とはいえ、大手牛丼チェーンですらカレーの並盛は
300円台かそれ以上である。

200円で出されるカレーは、本当にカレーとしての体をなしているのだろうか。
もしかしたら「カレー」という名前のまったく別の食べ物の可能性だってある
かもしれない。ウマいのかマズいのか確かめるため実際に行ってみた。

200円のカレーを出す店の名前は「原価率研究所」。
新潟県内には6店舗あるチェーンだ。
2016年1月27日に竹ノ塚店(東京都足立区)がオープンした。
竹ノ塚は一戸建ての住宅が数多く立ち並び、
昔ながらの商店街も残っている庶民的なエリアだ。
街の不動産屋に貼り出された住宅情報を見ると、
一人暮らし用のアパートが2DKで6万円とあり、23区内にしては割安であることがわかる。

東武伊勢崎線の竹ノ塚駅から10分ほど歩くと、「¥200 ゼイコミ」
「原価率研究所」の文字が書かれた、赤色と黄色の派手な色をした
のぼり旗がはためいてるのが見えてきた。
店構え全体から「安そうな感じ」が伝わってくる。
店内を覗くとすでに10人以上が列を作っていた。
スーツ姿のビジネスマンや工事現場作業員、
近所に住んでいる主婦らしき人などさまざま。ちょうど昼時ということもあり、大繁盛だ。


正直、並んでまで普通の味のカレー食べる気にはなりませんね(笑)


こんど、事務所でカレーでもつくろうかな??

でも、タカのカレーはニンニクたくさんいれるので、事務所では作れないかな??
やっぱ、モツ鍋しかないかな・・

明日はとうとう手元にあれが届きます!!!

『スレンダートーン』
indexスレンダートーン

あすから、全力で肉体改造目指します!!!(ノω`)プププ
(すぐものに頼る・・(笑))



スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。